ホーム > タグ > アポのコツ

アポのコツ

電話アポのコツ2

電話でアポ取りトークを展開させて、もしも、遊ぶのを警戒されたり、バイトや試験で忙しいと言われたら、「別に遊ぶって言っても、一日ドカンと遊ぶんじゃなくて、2,3時間軽く遊ぶって感じなんだけど。だったら良くない?」と、言ってみます。「うん、だったら平気なの」という答えが返ってきます。
それでも忙しいと言われたら、無理に押さずに「んじゃ、また来週とかに連絡するね」とあっさり切りましょう。「でもさ、いつぐらいに空いてるの? 結構忙しいんじゃないの?」とか。

これは、実は、大学生の時に英会話スクールの生徒の勧誘のバイトをやったことがあるんですが、その時のトークです。契約がまとまりそうになると相手の意思を確認するために「やる気のある生徒さんに習って欲しいので、もしも中途半端な意志でやるのならまだ間に合いますのでお止めになっても結構ですよ」と一度突き放した言い方をするのですが、その応用です。

「たとえば来週とかって、どんな感じ」これも英会話スクールの応用ですが、相手の都合を聞くトークとして、「たとえば鈴木さんは今月の前半か後半、どちらかと言ったら、どちらが空いてますか?」「うーん、前半かなぁ」→「では第一週か第二週、どちらかといったら、どちらが平気ですか」→「うーん、だったら第一週目かなぁ」→では、その週の前半か後半、どちらかといえば、どっちですかね」→「前半かなぁ」→「でしたら、火曜日なんていかがでしょうか?」と、こういった流れで、詰めていくのです。
向こうが優柔不断な状態なのでしたら、こちらがどんどんと段取りをつめていきましょう。そうして日を設定したら、もう会うしかなくなってきます。

電話アポのコツ

電話でダラダラ話をし続けていると、単なる暇つぶしの相手で終わってしまいます。どこか会話の隙を狙って確信に迫ってください。
「あ、そうなんだ。んじゃさ、なーんだろ(約1.5秒)こんど、じかんがあったらかるくあそぶってのは、どお?」――れはアポ取りトークの中でサビとなる重要な部分です
この台詞が効果的に言えないと、全てが水の泡となってしまいます。
ポイントとしては「んじゃさ、なーんだろ(約1.5秒)こんど~」と、約1.5秒の間を入れることにより、出会い系に慣れてない雰囲気をかもし出すのです。
外国人の上位ランクのボクサーが、効いてもいないのに効いたフリをして油断させる戦法みたいなもんです。また、ひらがなで書いたのは意味があります。ゆっくりゆっくり一文字一文字をかみ締めるように大きく口を開いて丁寧に発音してください。出来れば一息で。

はたから見ればへんな顔に映るかもしれませんが、どうせ電話なのですから、あなたの顔は相手には見えません。はっきり伝えるためには、大きな声で言いましょう。
電話で「えっ? 何? なんて言ってるの? 聞こえないよ」と女の子に言われるようじゃ最低です。(よくあることらしいですが)

これは英語でコミュニケーションをとるのと同じなのです。海外に行くと日本人は緊張してかモゴモゴと早口で小さい声で話すので聞き取り難いといわれます。また、高い声になる傾向の人もいます。こればアポ取りトーク全体にいえるのですが、なるべく低い声で明るく話しましょう。その方が、女の子にはセクシーに聞こえるのです。低い声で話したら、女の子には暗い印象を与えてしまう? いいえ、テンポよく話せばOKなのです。

ホーム > タグ > アポのコツ

セフレに出会えたランキング




ページのトップに戻る